最近のマイホームに求めることのブームが「健康」。そのために「自然素材の家」とか「無垢材の家」「無添加の家」という謳い文句の付いた家を検索したり 見学している方が多くいらっしゃいますよね。

 

それって「木」=「健康」というイメージなんでしょうか?

そういう工務店さんでは「杉」や「松」「檜」がよく使用されている内装材です。工務店の方達は身体に優しいからと言って進めてきたりしますが これらの内装材、、、果たして身体にいいのでしょうか??

 

さておき 最近では「超低温乾燥機で乾燥させています」というような内装材もあるようですが 木の持つ成分「フィトンチッド」はとても熱に弱いため その成分を多く残すためには「自然乾燥」しかないんです。

木の成分をしっかり残して 細胞も破壊しない製造過程として 自然乾燥(天然乾燥)。

 

弊社の仕様するもみの木の内装材は鹿児島のマルサ工業フォレストバンク製のもみの木のみです。そのもみの木は製造工程全てが自然乾燥です。

 

 

天気や湿度にとても影響をされやすく 特に梅雨の時期から夏にかけては湿度が高く 乾燥させるのに時間がかかる上 製品として出荷できない不良材が沢山できるそうです。

季節が変わり湿度が下がる秋には木材の乾燥という点からは とてもいい時期ではありますが 今度は台風の時期を迎えて これも大変な作業。

 

樹齢が200~250年のものを加工し製品化。ドイツのシュバルツバルト地方から輸入された原木は とても大きいという印象ではありますが 原木1本から内装材を取ると考えると原木を100%に対して約4%しか取れないんです。

 

板状に加工して約1カ月近く天日干しをし「無節」「柾目」のものだけが製品となりますが 年間に製品となる量も決まっていて 年間300棟分が限界です。だから この手間暇かけて製造された貴重なもみの木の内装材と巡り合えることは奇跡にちかいですね。

 

 

 

もみの木の家をイベントで体感

寒川 貴志

大切な家族と一番長い時間を過ごす場所、それがマイホームだからこそ、快適に、そして健康を守り、安心した生活ができる「もみの木の家」をお客様に提供しています。

もみの木ハウスかがわPRmovie https://youtu.be/37ssDFmXS5g

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家「お住まい見学会体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます

Facebook:個人
インスタグラム:もみの木ハウス・かがわ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

香川の家づくり情報サイト「コダテル・香川」に掲載されました。詳しくはこちら