子ども部屋。きっと真剣に間取りを考える時に 子どもたちのためにという強い思いで子ども部屋について 検討するのが大抵の場合です。

 

でも子どもが18歳になった時のことを想像してみてください。18歳で県外の大学なんかに進学したり 転勤のある会社に就職したりすると家を出てしまいます。その時点で子ども部屋はほとんど使われなくなります。

仮に使うとすれば たまに帰省する時か独立して 家族で帰ってくるときに寝泊まりするくらいじゃないでしょうか?子どもが成長したあとのリビングは夫婦だけでは 広すぎたりもします。

 

その後は夫婦二人だけの家です。子どもと一緒に生活するのは18年前後でしょう!夫婦二人だけの生活の方が長い!ってことを考えるのが一番です。

 

もちろんマイホーム計画中の方の考え方はそれぞれです。

 

個室としての子ども部屋が必要に思うようになる時期は子どもさんが一人で寝室を持ちたくなった時なのか受験生になって勉強する空間が必要になった時なのかは様々です。子ども部屋は 子どもの成長に合わせて何かしらの方法(後で簡単に取り外せる形)で仕切って使用することを勧めています。

 

個室としての子ども部屋を使用するまでは キッチン横のスタディコーナーを設けることで 子どもは子ども部屋より誰かのそばで 勉強することができます。親も子どもの様子が近くで見守ることで安心できます。そして スタディコーナーとして使用したエリアも将来は家事作業場や夫婦のちょっとした趣味に使用することも可能です。

 

 

家をコンパクトにすることは家の性能を上げる手段でもあります。もちろんコストも抑えることができ 表面積をコンパクトにすることで断熱性や耐震性をアップすることもできます。

せっかくだからと思って 大きい家を希望することが 将来的にはいい事ではない。

何十年と先の事を考えて 家造りを考える事が大切です。

 

 

もみの木の家をイベントで体感

もみの木ハウス・かがわ 代表取締役 寒川貴志

寒川 貴志

大切な家族と一番長い時間を過ごす場所、それがマイホームだからこそ、快適に、そして健康を守り、安心した生活ができる「もみの木の家」をお客様に提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家「お住まい見学会体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます

Facebook:個人
インスタグラム:もみの木ハウス・かがわ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

香川の家づくり情報サイト「コダテル・香川」に掲載されました。詳しくはこちら