アトピー性皮膚炎 シックハウス症候群や化学物質過敏症等を訴える人がとても増えています。 それらの要因に大きく影響していると言われているのが 住宅の室内空気です。

 

住宅に使われる床材や断熱材 壁紙に使用される接着剤や塗料に含まれる化学物質が原因で 頭痛やめまい 不眠 等から精神的なものまで様々な症状を訴える人が増えているとか、、、昔に比べて食生活の変化やストレス等の要因も増えていることももちろん考えられますが これらの化学物質が空気を汚染していることで シックハウス症候群等のアレルギーを発症してしまっていることが分かってきました。ダニ等の害虫によるアレルギーも種類が昔に比べると とても多くなっていて 住宅内で起きる結露によるカビやダニの繁殖 ハウスダストもアレルギーの原因だそうです。

これは 現代の住宅の特徴である高気密・高断熱が要因なんです。

日本は ここ十数年の間に住宅事情も様変わりし 以前の木造住宅は隙間だらけで冬は寒いけど 適度に空気の循環ができていました。また 調湿効果のあった土壁や畳は ビニールクロス貼りの壁やフローリングへと変化してきました。

 

化学物質過敏症等は一度アレルギーを起こすようになると微量の化学物質に対しても とても敏感になってしまい 今までアレルギー反応を起こさなかった物質までアレルギーを引き起こすことになるそうです。

 

最近の小児科では アレルギー症状を訴える子どもたちが増加傾向にあるそうで未来あるこの子どもたちの健康を守り快適に安心した生活をしてほしいと思っています。

もみの木ハウスのもみの木は  「フィトンチッド」という成分が含まれています。その「フィトンチッド」は ダニやカビの繁殖抑制効果や化学物質を分解する効果があり 空気を柔らかく清浄な状態に保ちます。その「フィトンチッド」を無くさないために 鹿児島のマルサ工業さんが独自のノウハウと高い技術力で加工し もみの木の特性を活かした「ForestBank」製品だけを使用しています。

でも そのもみの木は とても手間暇かけて製品化されているため年間約300棟分しかありません。全国のもみの木を取り扱う工務店の数からすると とても少ないです。近くで もみの木の家を見かけないのも そのせいかもしれませんね。

そんなもみの木の家を一人でも多くの方に知っていただきたいと思い「体感room」を高松市十川西町に建設中です。

 

本当にもみの木は不思議な木なんです。

 

 

 

もみの木の家をイベントで体感

もみの木ハウス・かがわ 代表取締役 寒川貴志

寒川 貴志

大切な家族と一番長い時間を過ごす場所、それがマイホームだからこそ、快適に、そして健康を守り、安心した生活ができる「もみの木の家」をお客様に提供しています。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家「お住まい見学会体感会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます

Facebook:個人
インスタグラム:もみの木ハウス・かがわ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

香川の家づくり情報サイト「コダテル・香川」に掲載されました。詳しくはこちら